若年ハゲの人生逆転奮闘記

高校時代からハゲに悩まされた男が失った自信と青春を取り戻すための人生逆転奮闘記

筋トレ

ダイエットに筋トレが有効なワケとは?

投稿日:

冬服の出番が多くなってきた今日この頃、服で体型をごまかせるからといってお腹周りがたるんできている人もいるのではないでしょうか?

普段運動をしない人でも、暑い季節になると露出が増えたり、海に遊びに行く機会があったりするため体型を気にしはじめると思います。しかし、一年間の怠惰はものの1,2ヶ月でカバーできるものでもありません。そのため、「もっとかっこいいカラダだったら海にもいけるのにな〜」なんて毎年同じ後悔を繰り返していませんか?

「来年こそは俺だって!」と夏の終わりに決心したかた、決戦までの準備は早くはじめたもんがちですよ!なぜなら、夏の体は冬から作り上げるものだからです!

冬の粗相は春に成長し夏に花開きます。「夏まで半年以上あるからまだ平気でしょ」と油断しているから毎年同じ後悔をするのです。
逆にこの冬の時期から準備していればその努力は必ず夏に報われるでしょう。

「じゃあ今からどうすれば痩せてかっこいいカラダになれるの?」と思ったあなた、その答えはズバリ、、、

 

 

筋トレです!

かっこいいカラダを作るのに筋トレが欠かせないことはわかると思いますが、なぜ筋トレがダイエットに役立つのかわからない人もいると思います。
そこで今回は筋トレがダイエットに有効な理由を解説していきます。

目次

  1. 筋肉の維持にカロリーが必要
  2. 筋トレ後はカロリー消費が加速
  3. 筋肉は天然のヒーター
  4. 筋肉は24時間ついている重り
  5. まとめ

1.筋肉の維持にカロリーが必要

人間は筋肉を使うことでカラダを動かします。そのため体は筋肉量を保とうとします。その際にカロリーが使われるのです。

そのため、筋肉量が多い人ほど筋肉を維持するために多くのカロリーを消費することができます。
筋トレをして筋肉量を増やすことで毎日の消費カロリーを増やすことでダイエットにも役立つ→筋トレはダイエットに有効であるというワケです。

ちなみに、一キロの筋肉が1日に消費するカロリーは約13~15カロリーと言われています。

「あれ、筋肉増やしても全然意味ないじゃん!」って思った方、まだ筋肉を甘く見てますね笑

筋トレは筋肉を増やすこと以外でも消費カロリーを高めることができるんです!

2.筋トレ後はカロリー消費が加速!

筋トレがもたらすカロリー消費は3つあり、一つは先ほどの筋肉量増加による筋肉維持のためのカロリー消費、二つ目が筋トレを行うときに消費されるカロリー。

筋トレはハードな運動なので一見カロリーをとても使いそうですが、カロリー消費量はランニングなどの有酸素運動には勝てません、、、

これを聞いたら「じゃあ筋トレ意味ないじゃん!」と思う方もいますよね?
しかし、筋トレの真骨頂は筋トレ後にやってきます。

なんと筋トレ終了後もカロリー消費はつづいているのです!
運動後にもカロリーが消費され続けるなんてダイエットのチート技みたいですよね笑

なぜ筋トレ後にもカロリーが消費され続けるのかというと、人間の体には恒常性といって、常に同じ状態を保とうとする働きがあるからです。
そのため、運動前の体の状態に戻ろうとするのです。具体的には

  • 運動で上がった心拍数を戻す
  • 上昇した体温を下げる
  • 運動で使用した筋肉中のエネルギーを再び補充する

などがあげられます。上記のようにカラダを運動前の状態に戻そうとする際に代謝が上がり、その結果運動後もカロリーが消費し続けられるボーナス状態になるワケです。

そのため、筋トレはダイエットにとても有効であるということがわかりますね。

3.筋肉は天然のヒーター

これからの季節、だんだんと気温が下がり一番布団が恋しくなりますよね。
ヒーターやストーブがあっても部屋があたたまるまでは地獄の時間です笑

しかし、暖房器具に頼らないで体温をあげることができたら最高ではないですか?
そんなわがままさえも叶えてくれるのが「筋肉」なんです!

筋肉は熱を作り出してくれるのです!その際にカロリーを消費します。

ということは、筋トレで筋肉量を増やせば寒さにも強くなり、ダイエットもはかどる一石二鳥の効果を得られるのです。筋トレって本当に最強ですね笑

一般的に男性よりも女性の方が寒がりなのは筋肉量が関係しているとも言えます。
筋肉をつけておけば、寒がっている女性にコートを貸してあげても風邪を引かずにすみますよ笑
女性の方なら、筋肉をつけることで何重にも服を切る必要もなくなり、冬でも着膨れすることなくスタイルをキープできますよ。

4.筋肉は24時間ついている重り

ほとんどの方が学生時代の掃除の時間に机を運ぶ経験をしたことがあると思います。

軽い机もあれば、荷物がたくさんはいった机もクラスに一つや二つあったと思います。
当然軽いものを選びたくなりますよね。それは軽い方が疲れないから。重いものを運ぶときはそれだけエネルギーを必要とします。

人間の体も同じです。自分の体が重ければ重いほど動くときに使われるカロリーも増えます。
よって、筋トレで増えた筋肉たちはあなたの重りとなって日々の生活での消費カロリーを増やしてくれるのです。

使われるカロリーが増えるからといって日々の疲労度まで増える訳ではないのがまた筋肉の素晴らしい点です。
なぜなら、筋肉量が多いほど自分がだす力が少なくてすむからです。

例えば、同じ重さの机でもガリガリの人が100%の力で運ばなければならない時でも、マッチョマンなら片手で運べることだってあります。この時マッチョマンはガリガリの人よりも全然疲れないということは簡単に想像できると思います。

消費カロリーを増やしつつ、日々の生活でも疲労は減らすことが筋トレで可能になる訳です。
仕事終わりでもエネルギーが残っていれば筋トレも億劫になりませんから継続もしやすくなり、リバウンドも防ぎやすくなります。

5.まとめ

今まで筋トレとダイエットの関係が漠然としか捉えていなかった方も今回の記事を読んで、より理解を深めることができたら幸いです。

来年こそはかっこいいカラダになりたい方、今から筋トレを始めれば夏直前からようやく動き出す方達と大きな差を生み出すことができます。

自分への投資だと思って筋トレを始めてみてはいかかがでしょうか。

筋トレはあなたの人生を大きく変えてくれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-筋トレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

筋トレの効果を最大化するために知っておきたい栄養のこと

2019年ごろから日本でも筋トレブームで盛り上がりを見せおり、多くの方が筋トレを始められたのではないかと思います。 いまこの記事を読んでいるあなたもその一人なのではないでしょうか?またはこれから始めよ …

no image

コルチゾールが筋肉を分解するメカニズム

ストレス社会と言われる現代、その時代をいきている私たちはストレスに関わるワードをよく耳にすると思います。 その中でもよく知られているのは「コルチゾール」ではないでしょうか? しかし名前は知っていてもコ …

no image

ジムに行くのが恥ずかしいと思っているあなた!損していますよ

「俺も筋トレ始めるかー、でもジムに行くの恥ずかしいな。マッチョしかいないもんな。」 このような考えを持っている人は意外と多いです。特に初心者のかた。 ジムって聞くとどうしてもマッチョが行くところという …

no image

筋トレ初心者必見筋トレガイド

ここ数年日本でもようやく筋トレのブームがきていますよね。今では男女問わず筋トレ人口は増えており、皆さんの周りにも筋トレをやっている人たちがいると思います。 そんな中で友達もやってるし、健康にも良いらし …

no image

男らしさの源テストステロンは筋トレで高める!

以前の記事で若ハゲでもモテるための要素の一つとして「男らしさ」を挙げました。 最近は中性的な男性の人気も出てきていますが、やはり男らしさがある男性は受け入れられる幅が広いと思います。 男らしさが大事な …