若年ハゲの人生逆転奮闘記

高校時代からハゲに悩まされた男が失った自信と青春を取り戻すための人生逆転奮闘記

筋トレ

コルチゾールが筋肉を分解するメカニズム

投稿日:

ストレス社会と言われる現代、その時代をいきている私たちはストレスに関わるワードをよく耳にすると思います。

その中でもよく知られているのは「コルチゾール」ではないでしょうか?
しかし名前は知っていてもコルチゾールがどんなものなのか知らない人が多いと思います。

前回の記事で長時間の筋トレをするとコルチゾールが出て筋肉を分解してしまうと話しました。
そこで今回はなぜコルチゾールが筋肉を分解するのかについて解説していきます。

 

目次

1. コルチゾールが分泌されるメカニズム

2.コルチゾールを抑える鍵は炭水化物にあり

3.コルチゾールの分泌は筋トレの習慣化でも抑えられる

4.まとめ

 

1. コルチゾールが分泌されるメカニズム

コルチゾールの役割は主にストレスに対抗すること・炎症を抑えることがありますが、今回の内容で重要なのは体内のエネルギー源が足りない時に代わりのエネルギーを供給することです。

ではコルチゾールがどのようにエネルギーを提供するのかというと、体に元からあるものを分解してエネルギー源を確保するのです。

そこで筋肉に白羽の矢が立つわけです。エネルギーが不足しているということは生命維持の危機でもあるわけです。そんな時に筋肉を維持している余裕はないですよね笑

生命維持に必ずしも必要ではない筋肉はコルチゾールの格好の標的になるわけです。
コルチゾールは筋肉を分解し、アミノ酸を取り出します。そしてそのアミノ酸を使ってエネルギー源であるグルコースを作り出します(糖新生)。

筋トレを行なっていると筋肉を動かすのにエネルギーを使います。そのためトレーニングが長く続くと体内のエネルギーも枯渇し始め、コルチゾールの出番がでくるのです。

では一回の筋トレを行うのに十分なエネルギーが体内にある場合はコルチゾールの分泌はどうなるのか、、、、
答えは単純です。コルチゾールの分泌は抑えることができます。

 

2.コルチゾールを抑える鍵は炭水化物にあり

ここではコルチゾールを抑えるエネルギー摂取について解説していきます。

体を動かすための主なエネルギー源は糖分であることはよく知られていると思います。
また少し専門的な内容だと糖分=グルコースと表記することもありますが、糖分でもグルコースでもどちらでも間違いではありません。

糖分はご飯やうどんなどに含まれる炭水化物(糖質)が消化され最終的に吸収される時の状態です。
よって運動前にしっかり食事をとり糖分が体内に十分ある状態を作れれば、エネルギーが不足することがなくなり筋肉を分解する必要もなくなるわけです。

さらに、筋トレ中にエネルギー補給をした場合はさらにコルチゾールの分泌を抑えることができます。
しかし、運動中は筋肉に血流が集中するため消化能力が安静時よりも低下します。

そのため運動中の栄養摂取は消化不良による不快感をもたらす可能性もあります。
この問題は浸透圧の問題が関わってくるため、筋トレ初心者の方はトレーニング中の栄養摂取については深く考えず、筋トレ前にしっかりエネルギーを補給することを意識することをお勧めします。

筋トレ中の栄養摂取や浸透圧については今後他の記事で解説しようと思いますので少々お待ちください笑

 

3.コルチゾールの分泌は筋トレの習慣化でも抑えられる

コルチゾールはエネルギー不足を補うために分泌すると話しましたが、エネルギーを十分に摂取すること以外にもう一つコルチゾールの上昇を抑える方法があります。

それは「筋トレの習慣化」です。
運動後のコルチゾールの分泌は、運動を継続していくことで減少していきます。
筋トレを始めた日よりも筋トレを続けて三ヶ月の時の方がコルチゾールの分泌が減少するわけです。

筋トレの成果は継続することで得られますので、それも踏まえて筋トレを習慣化できるように頑張っていきましょう!

 

4.まとめ

コルチゾールと筋肉の分解の関係について解説させていただきました。

コルチゾールの役割を考えることでなぜ筋分解と関わるのか、なぜ筋肉が分解されてしまうのかがわかったと思います。

体重を減らしたい方はどうしてもエネルギーが不足してしまうため筋トレ後のコルチゾールの上昇は避けられませんが、栄養摂取をトレーニング前に持ってくることでコルチゾールの影響を少しでも抑えることができます。

これから筋肉をつけていきたい方はしっかりエネルギーを摂取してトレーニングの質を上げるとともに、そのあとのコルチゾールの分泌を抑えて最高の筋トレ効果を得られるようにしていきましょう!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-筋トレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ジムに行くのが恥ずかしいと思っているあなた!損していますよ

「俺も筋トレ始めるかー、でもジムに行くの恥ずかしいな。マッチョしかいないもんな。」 このような考えを持っている人は意外と多いです。特に初心者のかた。 ジムって聞くとどうしてもマッチョが行くところという …

no image

筋トレの効果を最大化するために知っておきたい栄養のこと

2019年ごろから日本でも筋トレブームで盛り上がりを見せおり、多くの方が筋トレを始められたのではないかと思います。 いまこの記事を読んでいるあなたもその一人なのではないでしょうか?またはこれから始めよ …

no image

筋トレ初心者必見筋トレガイド

ここ数年日本でもようやく筋トレのブームがきていますよね。今では男女問わず筋トレ人口は増えており、皆さんの周りにも筋トレをやっている人たちがいると思います。 そんな中で友達もやってるし、健康にも良いらし …

no image

ダイエットに筋トレが有効なワケとは?

冬服の出番が多くなってきた今日この頃、服で体型をごまかせるからといってお腹周りがたるんできている人もいるのではないでしょうか? 普段運動をしない人でも、暑い季節になると露出が増えたり、海に遊びに行く機 …

no image

男らしさの源テストステロンは筋トレで高める!

以前の記事で若ハゲでもモテるための要素の一つとして「男らしさ」を挙げました。 最近は中性的な男性の人気も出てきていますが、やはり男らしさがある男性は受け入れられる幅が広いと思います。 男らしさが大事な …