若年ハゲの人生逆転奮闘記

高校時代からハゲに悩まされた男が失った自信と青春を取り戻すための人生逆転奮闘記

ハゲ豆知識

フィナステリド使用中は献血できるのか?

投稿日:11月 6, 2019 更新日:

突然ですが皆さんは献血ってやったことありますか?献血自体やったことがなくても駅の周りや大学内などに献血の車が止まっているのをみたことがある人もいると思います。

車の周りにたくさん看板があって、どの血液型が何人ぶん必要であるか書いてあったり、献血のキャンペーンを紹介していたりしますが、その中でふと薬を服用している方でも献血できる場合がございますというような看板を目にしたことはありますか?

僕は最近初めて見る機会があり、それまで献血するにも色々条件があることを知りませんでした。また先月からハゲ治療のためフィナステリドとミノキシジルの服用を始めたこともあって、今の自分は献血できるのだろうか疑問に思いました。

一般的なサプリメントや胃腸薬などは献血に問題はないそうですが、フィナステリドは一般的なサプリメントには含まれませんよね笑
また皆さんの中にも自分と同じようにフィナステリドと献血の関係についてよく知らない人が多いと思います。

結論から言うと、、、

フィナステリドを服用中は献血できません!!!

今回はなぜフィナステリドを服用していると献血できないのか、どうしても献血しなければならない場合はどうするべきなのか解説していきます。

目次

  1. 献血ができないのは男性ホルモンが原因
  2. どうしても献血したい人の唯一の手段
  3. まだ治療を始めていないなら先に献血することを勧めます
  4. まとめ

1. 献血できないのは男性ホルモンが原因

まずなぜフィナステリドがハゲ治療に効果があるのかを知っておかなければいけないのでもう一度おさらいします。

フィナステリドの効能は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結びつくのを防ぎ、毛母細胞に悪影響を与えるジヒドロテストステロン(DHT)の発生を防ぐことでした。このことからフィナステリドは男性ホルモンに作用する物質であることがわかります。

よって、僕のようなフィナステリド服用者からの献血にフィナステリドの成分が含まれている場合、それを輸血された人の体内でも同じ反応が起こる可能性があります。特に問題なのはフィナステリド服用者の血液が女性、特に妊婦の方や授乳期のお子さんがいる方に輸血される場合です。

妊婦の方の場合、母親とお腹の中の赤ちゃんは同じ血液で繋がっています。よって輸血された血液の中にフィナステリドの成分が含まれる場合、母親の血液を通して赤ちゃんの体内にフィナステリドが吸収されてしまいます。その結果、男性胎児の生殖器の発達を妨げる恐れがあるのです。

授乳中の方の場合、母乳からフィナステリドを吸収し、同様に生殖器の発達に悪影響を与えかねません。

またフィナステリドを含む薬の注意書きにも割れた錠剤には女性は触らないようにとあります。
服用することはもちろん、肌に触れることも避けるように言われている中でフィナステリドを含む血液を輸血するなんてもってのほかです。

これらの理由から、フィナステリドを服用しているかたは献血をすることができません。

 

2.どうしても献血したい人の唯一の手段

フィナステリドを服用していると献血ができないとわかったら献血を諦めればいいだけ、そう考える人が多いと思います。しかし、人生予想もしないことが起こることもありますよね。

もしかしたら今後どうしても自分の血液を輸血しなければならない場合が出てくるかのしれません。そんな時、フィナステリドを服用しているからといって輸血を諦めるわけにはいきませんよね。そんな方にも一つだけ献血を可能にする方法があります。

それはフィナステリドの服用をやめることです。薬の使用をやめて一ヶ月たてば献血して良いことになっています。一ヶ月という期間はどうしても待たないといけませんが、必ずしも献血を諦めなければならないということではないということです。

しかし服用をやめた場合、ハゲの進行も再び始まってしまいます。一度薬を止めてしまうと再び飲み始めた時に効果が出るまでの期間が初めての時よりも長くなるとも言われています。

 

3.まだ治療を始めていないなら先に献血することを勧めます

ハゲ治療を始めるかまだ迷っている方、これから始めようとしている方、薬が届く前に献血しにいきましょう!僕は前から献血に興味がありましたがフィナステリドの服用を始めるまでついに献血することはありませんでした。

なぜ行かなかったのか、もし自分が献血することで誰かを助けられたかのしれないと思うと献血しなかったことを今猛烈に後悔しています。
なにカッコつけてんだと言われるかのしれませんが医者でもない人が人を命を助けることは献血ぐらいしかありませんからね。とても大事なことだと思います。

なのでまだ治療をしていないかたは万全の体調で献血にいってください!!!

4. まとめ

今回はフィナステリドと献血の関係について解説しました。血液の受け渡しは非常にシビアな問題です。フィナステリドはホルモンに関与するため他のサプリメントなどと違って制約が厳しく設定されています。ハゲ治療は早期に始めた方がいいと言われますが、献血一回分くらい服用を遅らせてもいいのではないかと記事を書きながら猛烈に後悔している僕は思います笑

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ハゲ豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハゲをカバーするための髪型は6:4分けがベストなワケ

ハゲや薄毛に悩み始めた人が一番最初に行うことって髪型のチェンジですよね。 生え際が薄い人であれば頭のトップの方から下ろして隠そうとしたり左右に分けてM字を隠したり、 つむじ周りがきになる人であればオー …

no image

世界国別ハゲ人口

日々の生活の中でハゲている人を見ない日はないほど日本には多くのハゲ人口がいるような気がします。通学通勤時の電車の中だったり、テレビでハゲをいじられている芸能人など。 それに日本はハゲている人に対して見 …

no image

『若ハゲ民に注ぐ!』経験者が語るハゲても自分に自信をもつ方法

突然ですが皆さんの学生時代、周りのクラスメイトにみんなより髪の毛が薄いなーと感じる人はいましたか? おそらくほとんどの人がNoと答えると思います。学生の時から禿げるなんて早すぎではと思いますよね。実際 …